タグ:アメリカ ( 105 ) タグの人気記事

street of fire



「street of fire」
1984年頃のアメリカ映画で1950年代頃の時代背景。

1950年代のバイカーファッション、ロカビリーファッション、

アメ車など当時のアメリカを感じさせてくれる映画。

なんといっても私好みのアウトロー的要素のエッセンスが

かなり盛り込まれています。

本編女優のダイアンレーンがとても美しい!

またバリバリのレザーライダース上下を着込んだ

ウィレムデフォーがこれまたかっこいい!

この映画も私がアメリカ好きになった要因のひとつです。

中学生だった当時、劇中に出てくる赤いアメ車(マーキュリー?)に乗りたいと

本気で思ってました。

気になる方は見てください。
[PR]
by junkstorage | 2015-04-16 21:49 | アメリカ | Comments(0)

アメリカ風景

サンフランシスコ
b0176448_2014396.jpg

[PR]
by junkstorage | 2014-05-30 20:14 | アメリカ | Comments(0)

blood in blood out/bound by honor



私が若い頃にアメリカに対する影響を受けた映画の一つ。
3時間もある映画ですが興味ある方はレンタルしてみてください。
(多分ない可能性が高いですが・・)
[PR]
by junkstorage | 2014-04-23 00:50 | アメリカ | Comments(0)

アメリカ風景

霧かかったパーキングエリアでのサンライズ。
b0176448_2156167.jpg


別のパーキングエリアでの休息。
b0176448_21575056.jpg


のんびりと・・・。
b0176448_21581863.jpg

[PR]
by junkstorage | 2014-02-20 21:58 | アメリカ | Comments(2)

アメリカ風景

b0176448_2124667.jpg

b0176448_2131395.jpg

見渡す限り地平線いっぱいの放牧地帯。
アメリカの田舎道はけっこう癒しにもなります。
[PR]
by junkstorage | 2014-02-14 21:07 | アメリカ | Comments(0)

アメリカ風景

b0176448_2014852.jpg

[PR]
by junkstorage | 2014-02-09 20:15 | アメリカ | Comments(0)

アメリカ風景

アメリカの田舎でみかけた古い家屋と古いトラック。
b0176448_21203644.jpg

軍用トラックのようにペイントしてあるだけでしょうか・・。
b0176448_21211914.jpg

雰囲気いいですね~。
[PR]
by junkstorage | 2014-02-06 21:26 | アメリカ | Comments(0)

アメリカ風景

b0176448_0535688.jpg
b0176448_054984.jpg
b0176448_0541814.jpg

[PR]
by junkstorage | 2014-01-31 00:55 | アメリカ | Comments(0)

アメリカ風景

サウスサンフランシスコのカーゴカンパニーに集めた荷物を届け、

そのままサンフランシスコ市内のチャイナタウンに行ってみようと思い立ち、

夕方の渋滞の中、以前行ったことがあるチャイナタウンに行ってみました。

すると、アレ?何かおかしい・・。

いつも車が置けないほどパーキングはいっぱいなのに 

路上パーキングはガラガラ、普通のパーキングは閉まってるとこばっかり。

夕方6時半頃、日はもうすでに落ちてました。

何とかパーキングして徒歩でチャイナタウンを2ブロックほど探索。

あれれ?お店がほとんど閉まってる・・・。

人気、マバラ状態・・。

私の神経が急に危険信号を警鐘。

「何かやばい!大通りにでも出なくては!」

早歩きで周りを警戒しつつようやく大通りへ・・。

「ふぅ・・」

ちょっと逃げ腰になって撮った画像がこちらです。
b0176448_21595092.jpg

なんかかっこよかったネオンサイン。

後日、アメリカに住む叔母にこのことを話すと

「あんなとこ夜なんか行くモンじゃないわよ!」

「殺されても発見されないわよ!」

と、恐ろしいことを言われました。

勉強になった・・気をつけよう・・。
[PR]
by junkstorage | 2014-01-20 22:06 | アメリカ | Comments(2)

エピソード

アメリカのとある街を車で通過中、

フリーマーケットが開催されていたので覗いてみたところ

お宝アイテム発見。

以下、売り手のオッサンと私のやり取りエピソードである。
※(もちろん英語の会話ですが分かりやすく日本語表記)

私「これいくらですか?」

オ「40ドルだぜ」

私の中の予算をオーバーしてたので、買いたいそぶりを見せずお宝を元の位置に戻し

立ち去ろうとする私。

オ「いくらだったら払うのかい?」

私は躊躇せず
「20ドルだったら払う」

オ「30ドルでいいぜ」

私、振り向きもせず
「いらん」と言い放ち、立ち去ろうとする、

オ「OK、それじゃ25ドルでどうだ?」

私「買った」(内心ニヤリ)

お宝を頂戴し、お金を20ドル札と10ドル札(計30ドル)を渡しお釣りを待つ。

オ「ありがとよ」といい30ドルをポケットにしまい、よそをむいてやがる。
(つまり、しれーっとパクったのである)

私「・・・・・・。」

※こういう経験は過去に何度もあり免疫がついてるので対処法としては
声を荒げて攻撃的に言ったほうがいいのである。

私「おい!あんた25ドルって言ったじゃん!

おつりを5ドル、ちゃんと渡せよ!」


オ「あ・・・。」としぶしぶお釣りを返してくれました。

こういうエピソードがあったお宝、誰の手に渡るか楽しみである。
[PR]
by junkstorage | 2013-12-22 22:36 | アメリカ | Comments(2)